石川 佳治のホームページ

共同研究・交流実績

共同研究

  1. マルチメディアデータベース及びウェブにおける情報検索技術に関する研究
    • 研究者:Heng Tao Shen(オーストラリア クイーンズランド大学)
    • 期間:2012.11.27〜2013.2.25
    • 備考:名古屋大学情報基盤センター 客員教授として来日
  2. 学術情報管理のためのオントロジー工学に関する研究
    • 研究者:Zongmin Ma(中国 東北大学)
    • 期間:2011.11.1〜2012.3.31
    • 備考:名古屋大学情報基盤センター 客員教授として来日
  3. 自律的なネットワーク環境における電子図書館技術に関する研究
    • 研究者:Shuigeng Zhou(中国 復旦大学)
    • 期間:2010.11.16〜2011.2.15
    • 備考:名古屋大学情報基盤センター 客員教授として来日
  4. センサ・ストリームデータベースに関する研究
  5. 空間情報資源統合のための電子図書館技術に関する研究
    • 研究者:Xiaofang Zhou(オーストラリア クイーンズランド大学)
    • 期間:2008.11.18〜2009.1.23
    • 備考:名古屋大学情報連携基盤センター 客員教授として来日
  6. 電子図書館における情報推薦に関する研究
    • 研究者:Xuemin Lin(オーストラリア ニューサウスウェールズ大学)
    • 期間:2007.12.2〜2008.1.9
    • 備考:名古屋大学情報連携基盤センター 客員教授として来日
  7. ウェブおよび文書データベースにおけるデータマイニングの研究
    • 研究者:Jeffrey X. Yu(中国 香港中文大学)
    • 期間:2007.7.23〜2007.8.22
    • 備考:名古屋大学情報連携基盤センター 客員准教授として来日
  8. ウェブ上の情報資源のマイニングと電子図書館との連携
    • 研究者:Yanchun Zhang(オーストラリア ビクトリア大学)
    • 期間:2006.11.16〜2007.1.30
    • 備考:名古屋大学情報連携基盤センター 客員教授として来日
  9. オンライン時空間情報を集約するウェブウェアハウス構築手法の開発
    • 研究者:北川 博之(筑波大学)
    • 期間:2006年度
    • 備考:科学研究費基盤研究(C)(2)(代表者 石川 佳治)
  10. 能動的リソースマイニングに基づく異種情報統合基盤の研究
    • 研究者:北川 博之(筑波大学)
    • 期間:2006年度
    • 備考:科学研究費特定領域研究(代表者 北川 博之)
  11. 高機能分散ストリーム処理に基づく実時間実世界情報基盤の構築
    • 研究者:北川 博之(筑波大学)
    • 期間:2006年度〜2008年度
    • 備考:科学研究費基盤研究(A)(代表者 北川 博之)
  12. 気象オントロジーを用いた気象情報データベース利用の高度化
    • 研究者:北川 博之(筑波大学)
    • 期間:2006年度〜2007年度
    • 備考:科学研究費萌芽研究(代表者 北川 博之)
  13. 自律連合型基盤システムの構築
    • 研究者:加藤 和彦(筑波大学),北川 博之(筑波大学)
    • 期間:2006年度〜2007年度
    • 備考:科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)(代表者 加藤 和彦,分担代表者 北川 博之)
  14. ストリームデータの意味的統合:データマイニングに基づくアプローチ
    • 研究者:Christos Faloutsos(カーネギーメロン大学)
    • 期間:2003年度〜2004年度
    • 備考:日本学術振興会日米科学協力事業(代表者 北川 博之)
  15. 携帯情報機器に対応したXML拡張問合せ言語処理系の開発
  16. 先進的データベースシステムの構成手法に関する研究
    • 研究者:Christos Faloutsos(メリーランド大学/カーネギーメロン大学)
    • 期間:1997.5〜1998.4
    • 備考:文部省在外研究員による長期出張

他組織における共同研究員など

  1. 筑波大学計算科学研究センター 共同研究員
    • 期間:2006.8〜2008.3,2008.6〜2010.3, 2012.4〜2014.3

訪問者


訪問

  1. Calton Pu and Ling Liu (米国 ジョージア工科大学)
    • 期日:2011.8.26
    • 場所:ジョージア工科大学
    • 研究討論のため
© Yoshiharu Ishikawa